DORA麻雀はどこから利益を得ているのか

最近ではインターネットの普及で麻雀のルールを覚えたのはゲームからと言うプレイヤーが多くなりました。
オンライン対戦型の麻雀サイトも登場し、実際に卓を囲んで麻雀を打つことも少なくなりました。
そんな中でお金を賭けて麻雀を打てるサイトがDORA麻雀です。
DORA麻雀では雀荘のように1時間数百円といった時間制の料金では無いです。
場所代として東風戦で勝利額の10%、半荘戦で勝利額の15%をお支払します。
勝ったプレイヤーが稼いだ勝利額の中からお支払し、負けたプレイヤーは場所代についてはお支払する必要はないです。
この場所代で運営費用と利益を賄っているので、一部のプレイヤーだけが勝てるよう裏で牌を操作される心配は無いです。
DORA麻雀ではカジノが合法なマン島の政府からライセンスを取得して運営しています。
さらに第三者機関に監査を受けており、もし裏で不正を行っていることが分かるとライセンスが剥奪されてしまいます。
マン島のライセンスは審査が厳しく取得するのが困難で期間もかかります。
一度ライセンスが剥奪されると当分の間は営業できなくなりますし、裏で不正を行った事が分かり口コミで評判が悪くなるとプレイヤーも居なくなってしまいます。
公平公正な運営をしたほうが運営会社側にもメリットが大きいのです。
DORA麻雀では少額レートの1ドルから高額レートの384ドルまで様々な卓をご用意しています。
1ドルの卓ならたとえ負けてしまってもわずかな金額の損失ですし、賭け麻雀が初めての方でも気軽にチャレンジすることが出来ます。
最大負け金額以上を所持していないと卓に付けない仕組みになっているので、もし負けてしまっても後から高額な請求が来ることは無いです。
無料ゲームもご用意されているので、まずは操作方法などを確かめてから賭け麻雀にチャレンジされたほうが良いです。
DORA麻雀では随時トーナメントも開催されており、世界中の腕自慢のプレイヤーと勝負することも可能です。

Comments are closed.